FC2ブログ
2018/11/15

木桶がイタリアへ

職人醤油(代表:高橋万太郎さん)のWEBサイト『KIOKE』を拝見していてハッケンした話題・・・

木桶ビール1

イタリア初のクラフトビールブルワリーBALADIN(バラデン)を創業したテオムッソさんという方が、ヤマロク醤油の山本社長が造った木桶を使って18ヶ月間熟成させたビールが完成したとのこと。。。

木桶ビール2

何ゆえテオムッソさんが木桶でビールをつくることになったのか?

それは2015年に開催されたミラノ万博にさかのぼります。。。
その際、展示されていた山本社長がつくった木桶を見て、そして木桶の持つ発酵文化と伝統が消えつつある危機的状況を知り、「状況を広く知らしめたい!」という思いから木桶によるビールづくりがスタートしたそうです

気になるお味の方はというと・・・
「ほのかな杉の香り、軽い酸味が独特のアロマを作り出しています」
とのことですので、是非とも飲んでみたくなりました!
チョット難しそうですが・・・(^_^;)



 【KIOKE】 https://www.s-shoyu.com/kioke

スポンサーサイト
2018/11/05

醬油をかけた人生

TBSラジオで毎週日曜日に放送している『安住紳一郎の日曜天国
しょうゆ大使である安住さんがパーソナリティの番組ですから毎週欠かさず?(笑)聴いています!

そんな番組からオリジナルポストカードが届きました!

絵はがき 安住紳一郎の日曜天国
水彩画家の永山裕子さんの制作によるもので、タイトルは『醬油をかけた人生』だそうです
醤油”に”ではなく”を”というところが面白いですね(笑)

このオリジナルポストカードはメッセージを紹介した全ての方にお送りしているとのこと。。。
欲しい方は番組あてにメッセージを!→こちらからどうぞ
2018/10/24

最初の一滴

『醤油発祥の地』として日本遺産に認定された和歌山県湯浅町
町の魅力を世界に発信しようと
漫画家の里中満智子さんが描き下ろした作品を活用したPR動画を制作して
町のホームページなどで公開しています。。。

その名も最初の一滴-醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅



英語バージョンもあります!


となんとも贅沢な動画なわけですが、里中先生としょうゆや湯浅町との関係がスッゴク気になります(笑)

そして、しらす丼食べたい・・・(笑)
2018/09/20

発酵検定

発酵検定
『発酵検定』ってご存知ですか?

 発酵検定とは・・・

その第1回が来月28日(日)に東京、名古屋、大阪で実施されるとのこと。。。

試しに練習問題をやってみたら結構イケるかも(笑)
受けてみようかな。。。

と思ったのですが・・・実は今日が締切~!!(滝汗)

 ということで受検申し込みはコチラから
2018/09/07

30年前?のしょうゆ

先日、消費者の方から
「家を整理していたら、しょうゆらしきものが入った古い一升瓶が出てきました!
 恐らく20~30年前のもののようです。どうしたらよいでしょうか?」

というご相談をいただきました。。。

ご使用にならずに廃棄してください!とお答えしましたが、
参考までにどんな状態なのか見てみたいと思い、送っていただきました!

古いしょうゆ1


王冠が錆びてしまっていますが、うっすらとマークが見えます
古いしょうゆ2
見た目は濃いしょうゆといった感じです

いざ、開けて匂いを嗅いでみると・・・
こりゃヒドイ!といったレベルではありませんでした
もちろんイイ香りではなく、古さムンムンでしたが(^_^;)

成分的にはどうだったのでしょう?
今度、聞いておきます

味見ですか?
当然、していません!!(笑)
2018/08/21

寿司も好きな餃子の街

先日、宇都宮までドライブに行った時に食べた餃子です
宇都宮餃子
美味しかったですw♪


ちなみに栃木県の宇都宮と言えば『餃子』の消費量日本一で有名ですが、
実は『寿司』もたくさん食べられているとか。。。

総務省の家計調査によると・・・
外食の寿司にかける年間支出額は全国の県庁所在市でトップクラス!!

どうしてなのでしょう?
海のない県ということもあって新鮮な魚への憧れがあるのではないか、とか
関東一早く回転ずし店がオープンした歴史がある、とか
回転ずし店の数が多い、とか
様々に言われているようですが、要するに餃子もそうですけれど、
結局は宇都宮の方が外食好きだってことにつきるのではないでしょうか。。。

いずれにせよ、
餃子にしても寿司にしてもしょうゆとは切っても切れない関係があるわけで、
宇都宮の方角に足を向けては眠れませんな~(笑)
2018/08/03

木桶を求めて Ⅲ 完結編

木桶を求めて

木桶を求めて Ⅱ


と2回にわたってお伝えしてまいりましたが、シリーズ?もいよいよ完結編へ!

ということで、何ゆえ木桶を求めて旅?(笑)に出ていたのか、の答えがコチラです↓
木桶ベンチ1
木桶ベンチです!!
ついに出来上がりました~♪ (求める旅に出てから半年かかっちゃいましたが・・・(^_^;)

真ん中にテーブルを置いてみると・・・
木桶ベンチ2
なかなかイイ感じです♪

桶は杉でつくられているわけですが、ベンチ部分も杉を使用しています
木桶ベンチ3
意外と座り心地がイイです

細部を観てみると・・・
木桶ベンチ4
箍(たが)の処理もステキ♪


設置してみると想像していたよりもスペースをとっている!?(^_^;)
1階エントランスでの存在感がハンパないです(笑)


現在、醬油会館では『第46回 全国醤油品評会』の入賞品を展示しています
お越しいただいた際は入賞品をご覧いただくついでに木桶ベンチも観ていただけたらと思います。。。



2018/07/20

えんとつ町のプペル

えんとる町のプペル 1

えんとつ町のプペル』という絵本をご存知ですか?

最近、3億円の借金で話題の(笑)
漫才コンビ キングコングの西野 亮廣(にしの あきひろ)さんが脚本&監督として制作した絵本で
現在では発行部数30万部を超えるベストセラーとなっているようです。。。

総勢33名のイラストレーターによる分業制によりつくられた作品とのこと
ご覧のとおり絵がとってもキレイで細かくて、オジサン(笑)の管理人も見入ってしまいました!

で、絵本のタイトルにある「プペル」とはゴミで出来たゴミ人間のことなのですが、
そのプペルが着ているマント?に気になる文字?マーク?が・・・
えんとる町のプペル 2

ズームインしてみましょう
えんとる町のプペル 3
そうなんです!
醤油なんですよ~
何だかうれしくなりました。。。

ゴミ人間が来ているマントに『醤油』という文字をハッケンして
「うれしい」というのも変に思われるかもしれませんが、
実はプペルの正体は・・・という感動物語なのでご容赦を。。。
(ネタバレになるので詳しくは書けませんが)(笑)

キングコングをご存知なくても(笑)是非書店で手にとってご覧いただき、
この『醤油の文字を探してみてください!
2018/07/12

滋賀県組合さんから荷物が届きました!

滋賀県醤油工業協同組合さんから荷物が届きました!
滋賀組合70周年1
創立70周年の記念品です。。。

創立70周年、スゴイですね!!
これからも益々のご発展を祈念いたします。。。

気になる記念品は・・・前掛けでした!!滋賀組合70周年2
早速着用してみました♪
前掛けコレクター?(笑)の管理人としては超うれしいッス!!

グリーンが珍しいですね
そしてセンターにある琵琶湖を囲んで組合員さんの荷印(にじるし)が配置されているデザイン、素敵です♪



せっかくなのでコレクションの中から変わりダネの一枚をお見せしましょう(笑)
亀山社中
龍馬の亀山社中の前掛けです
「創業慶応元年」が泣かせます(笑)


2018/06/29

ハッピーバースデー香香

6月12日で1歳になった香香(シャンシャン)
パンダ醤油皿3
↑実はこちら、熱烈な(笑)シャンシャンファンI 川さんのコレクションなのです!

そんなI 川さんからのネタ提供『パンダ醬油皿』!
パンダ醤油皿1
ちなみに同じシリーズに、以前ご紹介した『ネコ醤油皿』があります。。。

お皿はこんな感じ。。。分かりにくいですね(^_^;)
パンダ醤油皿2

では、しょうゆを注いでみましょう!


しょうゆ色のパンダ、カワイイですね♪
パンダ醤油皿4

このパンダ醤油皿、大人気のため別デザインのものが売り切れだったとか(^_^;)